しばらくの間、ポケモンとともにカロス地方に旅立つことになりそうなので、帰って来れなくなる前に途中書きだった Scalatra の話をまとめました。

ちなみに、、
今作のポケモンにはフレンドサファリなる神施設が存在するようなので、フレンドがつがつ増やしたい所存です。基本どなたでも welcome ですので、「フレンドなってあげるよ!」という心優しいお方は @m0t0k1ch1 まで気軽にご連絡ください〜。

m0t0k1ch1 のフレンドコードは 4441-9522-5868 です。

それでは、気をとりなおさずに本題に移ります。


Scalatra って?

公式には↓こう書いてあります

Scalatra is a simple, accessible and free web micro-framework.

Scala 版 Sinatra 的なやつです。軽量感が漂ってます。

先日 Play を触ってみて、個人で何かこそこそつくるのには若干重たい感じがしたので、こちらを触ってみることにしました。


準備

  • Installation | Scalatra を参考にして、Scala とか Java とか Conscript とか giter8 とかをインストールする
    • Conscript:Scala で書かれたプログラムをインストールしたりアップデートしたりするツール
    • giter8: GitHub 上で公開されているテンプレートからアプリケーションの雛形を作成するツール


とりあえず動かす

ここも First steps | Scalatra を見ればだいたいわかっちゃいます…が、ここからは備忘録の意味も込めてやったことを書いていきます。

  • まず g8 コマンドでアプリケーションの雛形を作成
$ g8 scalatra/scalatra-sbt

上記のコマンドを実行するといろいろ聞かれますが、何を入力すればよいかは First steps | Scalatra にちゃんと書いてあります。とりあえず、今回は以下のように入力したとして話を進めます。

organization [com.example]:       com.k1ch1
package [com.example.app]:        com.k1ch1.app
name [My Scalatra Web App]:       k1ch1
scalatra_version [2.2.1]:         (そのまま)
servlet_name [MyScalatraServlet]: K1ch1
scala_version [2.10.2]:           2.10.1
version [0.1.0-SNAPSHOT]:         (そのまま)
  • ビルドする
    • ./sbt すると、ごごごっといろいろダウンロードされるので、ちょっとびっくりする
    • container:start すると、8080 番ポートでアプリケーションが立ち上がる
    • ~;copy-resources;aux-compile しておくと、ファイルをいじったときに自動でアプリケーションを再起動してくれる
$ cd k1ch1
$ chmod u+x sbt
$ ./sbt
> container:start
> ~;copy-resources;aux-compile
  • ブラウザで見てみる
> browse

見れた!!


Jetty で standalone deployment

deploy できなきゃ意味ない!ってことで deploy してみます。

  • Jetty って???
    • 軽量な Java の Web サーバーらしい
    • WebSocket などもサポートしている模様
    • 個人的には懐かしくてたまらない某猫氏と双璧を成す存在らしい

Standalone deployment | Deployment | Scalatra を見てもいまいちよくわかりませんでしたが、scalatra で作ったプロジェクトを stand alone で使用できるように を見てなんとかなりました。


JettyLauncher.scala を作成

package com.k1ch1.app  // remember this package in the sbt project definition
import org.eclipse.jetty.server.Server
import org.eclipse.jetty.servlet.{DefaultServlet, ServletContextHandler}
import org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext
import org.scalatra.servlet.ScalatraListener

object JettyLauncher { // this is my entry object as specified in sbt project definition
  def main(args: Array[String]) {
    val port = if(System.getenv("PORT") != null) System.getenv("PORT").toInt else 8080

    val server = new Server(port)
    val context = new WebAppContext()
    context setContextPath "/"
    context.setResourceBase("src/main/webapp")
    context.addEventListener(new ScalatraListener)
    context.addServlet(classOf[DefaultServlet], "/")

    server.setHandler(context)

    server.start
    server.join
  }
}


build.scala を一部変更

  • 変更前
"org.eclipse.jetty" % "jetty-webapp" % "8.1.8.v20121106" % "container",
  • 変更後
"org.eclipse.jetty" % "jetty-webapp" % "8.1.8.v20121106" % "container;compile",


plugins.sbt に以下を追加

addSbtPlugin("com.eed3si9n" % "sbt-assembly" % "0.9.0")


build.sbt を作成

import AssemblyKeys._

import sbtassembly.Plugin._

seq(assemblySettings: _*)

test in assembly := {}

mergeStrategy in assembly <<= (mergeStrategy in assembly) { (old) =>
  {
    case PathList("META-INF", xs @ _*) => MergeStrategy.discard
    case _ => MergeStrategy.first
  }
}


jar ファイルを作成

  • 下記を実行すると、target/scala-2.10 以下に k1ch1-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar というのができる
$ ./sbt clean assembly


実行

  • 下記を実行すると、8080 番ポートでアプリケーションが立ち上がるので、ブラウザで見てみる
$ java -jar target/scala-2.10/k1ch1-assembly-0.1.0-SNAPSHOT.jar

見れた!!


まとめ

  • まとめてみると意外に簡単だったけど、何が起こってるかは全然理解していない
  • ので、もっと触っていきます
  • 次は Slick を組み込んでみる予定