最近聴いて電撃が疾走った曲。


音楽は詩を意識せずに聴く性分なのですが、この曲を初めて聴いたときは圧倒的に詩が突き刺さりました。今の自分にとっては反語的に。過去に1回突き刺されたことでもっかい突き刺されてるあたり、悟りは遠いです。もちろん、反語的でない捉え方をしたとしても、とても渋い曲だと思います。

ちなみに、2番の歌詞はボーカルの 仮谷せいら さんが描かれたそうですが、おそらく当時はまだ未成年だったようで。。その感性分けてくださいって感じです。声も素晴らしいです。

近頃は暦などにも惑わされ気味で、1人でつらい感じごっこしていますが、矛先だけは間違えないように精進します。
はい、酔っています。