最近ブログ更新が滞っていてよろしくないので、地味なことでもアウトプットしていこうと思います。

表題の件について、Scalatra で Twitter の API を使った地味なアプリケーションをつくっていて、consumer key とか access token とかはどこに書けばよいのでしょう〜と思って調べた結果、とりあえず com.typesafe.conf を使うことにしました。また忘れた頃に使いそうなので、使い方をメモ。

使い方

src/main/resources/application.conf

twitter {
    consumerKey       = "**********"
    consumerSecret    = "**********"
    accessToken       = "**********"
    accessTokenSecret = "**********"
}

って感じで書いて、

import com.typesafe.config.ConfigFactory

val conf        = ConfigFactory.load
val consumerKey = conf.getString("twitter.consumerKey")

的な感じで使います。デフォルトで application.conf を見に行ってくれます。
シンプルですね!!!!!

久々に Scala 書いたら感覚が失われ過ぎててつらいので、動くものつくって動かさなきゃなと思います。